webサイト翻訳を外注したときの相場

法人向けのwebサイト翻訳は高額になりやすい

法人向けのwebサイトの翻訳を外注する場合には、テキストの内容やページ数、ジャンルなどにもよりますが、一回あたり十万円を超える費用が掛かることがあります。特に、国内外のビジネスや法律、投資などに関する専門性の高いテキストについては、高度な語学のスキルを持つ担当者に依頼をする必要があり、総額で百万円以上の費用が発生するケースも珍しくありません。そのため、外注費用をできる限りやすく済ませたい場合には、自社内で対応しにくい部分だけを翻訳してもらったり、キャンペーン中に契約を結んだりすることがおすすめです。その他、会社ごとの価格を比較するため、早めに実績がある翻訳会社に見積もりをお願いすることが大事です。

個人的な趣味のサイトならリーズナブルな料金で依頼できる

個人が開設している利益を目的としない趣味のサイトであれば、業者によっては数万円程度でweb翻訳をしてもらうことも可能です。最近では、業績の良い大手の翻訳会社を中心に、法人のみならず、個人を対象とした翻訳サービスを提供しているところが増えています。そこで、webサイト翻訳の作業の手間を省きたい時には、低価格帯のプランが充実している翻訳会社のメリットを調べることがおすすめです。また、契約前にはそれぞれの翻訳会社に在籍するスタッフの経歴や語学力についても比較をすることが大事です。その他、無駄な出費を減らすため、翻訳会社を使ったことが無い人であれば、先ずは低価格のお試しコースに申し込みをしてみると良いでしょう。