外注してwebサイト翻訳

webサイト翻訳を外注する流れ

自社のwebサイトの一部又は全体の外国語翻訳は外国人とのビジネスチャンスを広げる第一歩です。世界中に発信されるwebサイト、数ある翻訳会社の中から適切な会社を選ぶ為には一般的な注文の流れをある程度…

Read more

webサイト翻訳を外注したときの相場

法人向けのwebサイトの翻訳を外注する場合には、テキストの内容やページ数、ジャンルなどにもよりますが、一回あたり十万円を超える費用が掛かることがあります。特に、国内外のビジネスや法律、投資などに関…

Read more

webサイト翻訳は人気がある

webサイト翻訳はとても人気のあるサービスです。簡単な操作で様々な言語を翻訳してもらえる便利なサービスです。

webサイト翻訳を外注するメリットとデメリット

翻訳を海外に外注するメリット

翻訳を外注するメリットは、なんといっても人件費が安価なことです。外注先には国内業者と海外業者がいますが、新興国に外注すると(依頼する規模にもよりますが)、国内の専門家に依頼するよりも、非常に安く仕事を完成させることができます。 一昔前は外国人への発注は品質がバラバラという悪い評判もありましたが、現在は競争の激化に伴いビジネスも洗練されており、日本語に精通した外国人の数も飛躍的に増えています。日本人では解釈しにくいネイティブのニュアンスなども適切に捉えてくれることもあり、品質は決して悪くありません。 海外は人件費が安いのと同時に、人員も多いので、仕事のスピードも早いのが特徴です。効率的なビジネスをしたい方にはおすすめの方法と言えます。

翻訳を海外に外注する際のデメリット

では翻訳を海外に外注するデメリットはなんでしょうか。まず第一に挙げられるのは、ビジネスの不確実性です。 以前よりもましになってきたとは言え、海外の法人ですから、仕事を依頼した直後に倒産というケースがあった場合の保証などが不確実なことが多いです。こうしたトラブルを避けるためにも、事前に免責条項などを厳しく精査しておくことは必須です。 また外注するにしても、日本に窓口を設けているかどうかを確認しておく作業も重要です。完全に海外に拠点を置いている事業者よりは日本に(形だけでも)法人を置いているかどうかは、重要なチェックポイントとなります。日本に法人を置いているということは、損害賠償の先として対応窓口を設けているということになるからです。仕事の信頼度に大きく影響しますので、注意しましょう。

自前でwebサイト翻訳

外注では大きな費用がかかるwebサイト翻訳も自前で行ってしまえばお金は一切かかりません。ただ、翻訳しようと思ったときに問題が生じることもあります。どのような注意点があるかを確認し、本当に自前で行って大丈夫かを考えてみましょう。

多言語の語学力が求められる

webサイト翻訳を自前で行うためには、多言語の語学力が求められるため、語学力アップのために自分に合った学習法を選択することがおすすめです。最近では、日常生活からビジネスまで様々なシーンに役立つ外国…

Read more

専門用語も扱えなければならない

自前でwebサイト翻訳をする時には、多くの時間が掛かりますが、外注をするよりも費用を抑えられるといった魅力があります。webサイト翻訳を効率的に行うには、日頃からインターネット上で使われる機会の多…

Read more

結局は人件費がかかっている

自前でwebサイト翻訳を行う場合には、外注費を節約できるものの、結局のところ人件費が高くなってしまうこともあるため、作業を進めながら随時コストが安くなる方法を検討することが大切です。特に、自社内の…

Read more